『半沢直樹』大和田常務レベルの逸材?『罠の戦争』犬飼大臣が大人気に

芸能

『半沢直樹』大和田常務レベルの逸材?『罠の戦争』犬飼大臣が大人気に

すでに〝今期No.1〟との呼び声も高い、草彅剛主演の月10ドラマ『罠の戦争』(フジテレビ系)第2話が1月23日に放送された。

憎き相手である犬飼大臣(本田博太郎)の人気が、うなぎのぼり状態に。大ヒットドラマ『半沢直樹』(TBS系)の大和田常務(香川照之)を思わせるバズりようだ。

衆議院議員で内閣府特命担当大臣・犬飼の第一秘書を務める鷲津亨(草彅)が主人公。ある日、鷲津の中学生の息子(白鳥晴都)が、何者かによって歩道橋から突き落とされ、意識不明の重体になってしまう。

犯人を突き止めようとする鷲津だが、犬飼が事故で処理するよう圧力をかける。権力者の影を感じ取った鷲津は、悪しき政治家を失脚させようと、知略を尽くして鮮やかな罠を仕掛けていく…。

第2話では、鷲津が犬飼を失脚させるため、金を管理している犬飼の秘書・虻川(田口浩正)の不正を暴くことに。鷲津の妙な動きに不信感を募らせる虻川だが、鷲津の策略にまんまとハマり自滅していった。

『わしづぅ』『わしづっ!』『わ・し・づ!』

その後、記者から追究された犬飼は、「彼は今、心身に問題を抱えてて、休ませてるとこぉ!」と言及。

また、鷲津の息子の事件について鷲津の口から説明をさせたものの、「はい、この件は以上!」と明らかに触れられたくないと言わんばかりに強制終了させた。

「現段階のラスボスは犬飼なのですが、話し方は語尾に促音『っ』が付いているような感じで、目上の幹事長から電話を受けた際には『かんじちょー…!』と嫌そうな顔をするなど、人間味のある憎めないキャラクターに仕上がっています。

特に、鷲津のことを呼ぶ際の『わしづぅ』『わしづっ!』『わ・し・づ!』という独特のイントネーションが大ウケ。

《犬飼大臣好きすぎるww》《半沢直樹の感じある。クセが強すぎてすごく悪い奴なのに笑ってしまう》といったほか、《犬飼大臣はおじさん構文でクラブのホステスにLINEしてそう》などと想像しては萌える声もあがる始末です」(芸能ライター)

主演の草彅も、ツイッターに犬飼のモノマネ動画をアップするなど、出演者や制作陣も反響を感じている様子。

このまましばらく、犬飼劇場を見続けたいものだ。

[紹介元]『半沢直樹』大和田常務レベルの逸材?『罠の戦争』犬飼大臣が大人気に