国際政治学者の三浦瑠麗氏(42)が8日、ツイッターと自身が代表を務めるシンクタンク「山猫総合研究所」の公式サイトを更新。少子化軽減に関するインタビューを受けたと報告した。

「エモーショナルリンクのインタビューに答えました。『少子化軽減の鍵は女性のキャリア形成支援!そこに寄与できるビジネス機会を考える』」

前日7日に、太陽光発電事業で刑事告訴されていた東京・千代田区の投資会社「トライベイ・キャピタル」代表を務める夫の三浦清志容疑者(43)が、4億2000万円を横領した業務上横領の疑いで東京地検特捜部に逮捕された。三浦氏は同容疑者の逮捕後、公式サイトに「一部報道におきまして、私の夫である三浦清志が逮捕されたという事実を知りました。引き続き、捜査に全面的に協力する所存です。家族として、夫を支えながら推移を見守りたいと思います。」との声明文を発表した。ただ、ツイートはしておらず、夫の逮捕後、初のツイートで自らの仕事を紹介した。

三浦容疑者は逮捕後、「トライベイ・キャピタル」の公式サイトに声明文を発表。「このたびは、刑事事件の被疑者として強制捜査を受け、お取引先様をはじめとする関係者の皆様にご迷惑をおかけしたこと、深くお詫び申し上げます。再生可能エネルギープロジェクトの開発というリスクの高い業界にあって、当初予定された利益を生み出せなかった点について、反省すべき点はございますが、私は、業務上横領にあたるような罪を犯したことは決してありません」と罪は犯していないと強調した。

その上で「これまで、当局に最大限協力して理解を求めてまいりましたが、見解の相違によりこのような事態に至ったことは大変残念に思っております。私は、今後とも無罪を主張してまいります。2023年3月7日 三浦清志」と、あくまでも自らは無罪であると、重ねて主張した。