『罠の戦争』ガッカリ過ぎる真犯人…視聴者の期待を裏切ったまさかのオチ

芸能

『罠の戦争』ガッカリ過ぎる真犯人…視聴者の期待を裏切ったまさかのオチ

草彅剛の主演ドラマ『罠の戦争』(フジテレビ系)で、ついに真犯人が明らかとなった。しかしその正体に対して、視聴者から落胆の声が続出している。

主人公の鷲津亨(草彅)は、政治家・犬飼大臣(本田博太郎)の秘書を務めていた。しかしある日、何者かによって歩道橋から突き落とされ、意識不明の重体になった息子・泰生(白鳥晴都)の事件を、犬飼から事故で処理するよう圧力をかけられたことをきっかけに、悪しき政治家たちを失脚させようと復讐を開始する。

【関連】『罠の戦争』黒幕はやはり杉野遥亮? 高校時代の“傷害事件”が事件のカギに ほか

3月6日放送の第8話では、泰生を突き落とした犯人が、鴨井大臣(片平なぎさ)の息子・文哉(味方良介)だと判明する。

事件をもみ消してきた鴨井大臣だが、そのことで文哉が罪を償う機会を失っていることに気づき、会見を開いて真実を明らかにするのだった…。

「深読みしすぎて本作の方が期待外れ」

「前週の時点で、文哉が犯人だとほぼ確定していましたが、視聴者の多くはもう一捻りあると予想、ほかに真犯人がいると疑っていました。文哉が意味深な表情も浮かべていましたからね。

しかし今回の話で、文哉が正真正銘の犯人だと判明。事件の真相自体も特に驚くようなことはなく、ほぼ予想通り。第1話から引っ張ってきた事件が、あまりにもあっけなく終わって肩透かしとなりました」(芸能記者)

ネット上では《正直そのまま犯人は安直でつまらん》《しかし本当にこいつが落としたって展開はつまらないなぁ。ひねりが欲しかった》《どんでん返しがあるかなと思ったのにな》《考察深読みしすぎて本作の方が期待外れになってしまったやん》《意外となんのひねりもない展開で、逆に驚いてる》といった落胆の声が続出している。

視聴者の考察合戦が盛り上がっていただけに、斜め上の展開を用意してほしかった。



[紹介元]『罠の戦争』ガッカリ過ぎる真犯人…視聴者の期待を裏切ったまさかのオチ